ニュース

国内外の広範なパブリック・リレーションズ(PR)分野で活動する 当社の尾上玲円奈執行役員

当社の尾上玲円奈執行役員(写真)が、本年4月18日(水)に電通PRプランニング局で行われた社内勉強会【PR NEXT】において、「井之上PRが考えるパブリック・リレーションズ」をテーマに講義。

また、尾上執行役員は若手の世界的登竜門となるヤングライオンズコンペティション(通称:ヤングカンヌ)PR部門の日本代表選考審査委員(3人)の一人に就任しています。世界に挑戦するこの機会を積極的に生かして欲しいと呼びかけています。

20170615-1
ヤングカンヌではデザイン、プリント、サイバー、PR、フィルム、メディアの6部門があり、各部門で日本代表チームを決めるための国内選考が行われます。

PR部門は、PR業務に従事する30歳以下のプロフェッショナルと参加資格が規定されていますが、日本代表の場合は、「日本国内のPR会社、広告代理店・制作会社等のPR部門に在籍するか、PR関連業務に従事していること。PR関連業務に従事するフリーランスは可」とされているとのことです。

以下にヤングカンヌPR部門の日本代表選考審査委員としての尾上執行役員の活動ぶりを紹介します。

2017/3/8:AdverTimes インタビュー

ヤングカンヌPR部門3人の審査員が明かす「日本代表への道」
https://www.advertimes.com/20170308/article245770/

2017/3/3:ヤングカンヌPR部門事前勉強会で日本代表選考審査委員として登壇

2017年度ヤングカンヌPR部門の日本代表選考審査委員に就任

2016/3/4:アドタイ インタビュー

若手に喝!ヤングカンヌPR部門の挑戦者に期待すること
http://www.advertimes.com/20160304/article219156/

2016/2/17:電通報

ヤングカンヌ審査員就任
http://dentsu-ho.com/articles/3703
当社本来の業務であるパブリック・リレーションズ(PR)分野における尾上執行役員のいくつかの活動についても、併せて以下に紹介します。

2017/2/1:広報会議 対談取材

企業広報、PR会社、メディアになぜ倫理観が求められるのか? 情報を扱う人の責任を考える
https://www.advertimes.com/20170201/article243192/

2015/9/29:Another life インタビュー

PRで社会の「もったいない」を減らしていく。摸索して辿り着いた、社会課題との向き合い方。
https://an-life.jp/article/664

2015/10/6:PR協会のコーポレート・コミュニケーション講座で講演

早稲田大学非常勤講師(PR概論・PR特論)

2014/8/14(取材):ValuePress インタビュー

専門領域と得意なリレーションズ活動をもつPRパーソンは強い
https://www.value-press.com/top_interview/inoue-pr

2013年2月号:月刊BOSS インタビュー

NHK記者の座を捨て、PRの手法で問題解決
http://boss.wizbiz.me/artisan/artisan1302_01.html