ニュース

京都大学経営管理大学院にて、2021年度「パブリック・リレーションズ論」を開講

井之上パブリックリレーションズ(以下 井之上PR)のグループ会社である「日本パブリックリレーションズ研究所(以下 JPRI)」は、京都大学経営管理大学院において「パブリック・リレーションズ論」を2021年10月16日(土)より開講いたします。

「急速に変化する社会とグローバル化に適応できるグローバルリーダーを、そのインフラとなるパブリック・リレーションズ(PR)を通して養成する」ことを目的に2012年にスタートした本講義は、今年度で通算10回目の開講となります。累計で200名を超える受講生は、企業や自治体、法曹界、医学界など社会の様々な分野で活躍しています。

 

講義概要


科目名パブリック・リレーションズ論―次世代のグローバルリーダーのために
開講期間:2021年10月16日(土)~2022年1月8日(土) 全15回(新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によってはオンライン開催)

担当講師
JPRI 代表取締役所長/井之上PR 代表取締役会長兼CEO
京都大学経営管理大学院 特命教授
 井之上 喬

井之上PR 執行役員
京都大学経営管理大学院 特命准教授/早稲田大学 非常勤講師
 尾上 玲円奈


 

井之上PRからの登壇予定者 ※括弧内は講義テーマ


代表取締役社長兼COO 鈴木 孝徳
(パブリック・リレーションズと企業の社会的責任)
執行役員 横田 和明
(ケーススタディ・事例研究)


 

担当講師 井之上喬からのコメント


地方からグローバルを見据えた人材を一人でも多く輩出したいとの思いで始めた、西の拠点京都大学経営管理大学院での講義も今年で10回目を迎えます。強い目的達成意欲を持つ受講生の熱気の中でのレクチャーにも力が入ります。今年も外部から第一線級の講師をお招きし、ダイナミックな講義を提供してまいります。


 

参考情報
京都大学経営管理大学院
https://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/

株式会社日本パブリックリレーションズ研究所
https://www.japan-pri.jp/