ニュース

読売新聞オンラインに当社会長井之上のインタビューが掲載

読売新聞のニュース・情報サイト「読売新聞オンライン」内「調査研究」ページにて、当社会長 井之上喬のインタビュー記事が掲載されました。

井之上は昨年11月、日本社会が抱える様々な問題の解決に不可欠な「パブリック・リレーションズ(PR)」を学問的に確立させ、またPRに関わる教育者や研究者、実務家を糾合し「情報交換や探求の拠点として活動すること」を目的に、「一般社団法人日本パブリックリレーションズ学会」を設立。本インタビューでは、当学会の代表理事・会長という立場から、バブル崩壊後の「失われた30年」の統合的な検証の必要性、ならびに「パブリック・リレーションズのスキルを身につけた人材育成」の重要性について、語っています。

記事は、下記読売新聞オンラインのサイトにてご覧いただけます。


外部環境変化に対応できる人材育成を 
日本パブリックリレーションズ学会 井之上喬代表理事・会長に聞く

https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/ckedu/20220214-OYT8T50045/