サービス

マーケティング・コミュニケーション

製品・サービスの認知を高めたい

マーケティング・コミュニケーションは、技術、製品やサービスなどについて顧客、消費者、ディストリビュータなどに対し認知を高め、市場において競合他社との差別化を明確にし、競争優位性を確保し、製品やサービスの販売促進を目的としたコミュニケーション活動です。

その手法は様々なメディアへの製品パブリシティをはじめ、製品展示会、セミナー、シンポジウムなどのイベント支援やスポンサーシップ、顧客が刊行する出版物の支援といった形を取ることが多くあります。

コミュニケーションのターゲットは、主に顧客や消費者、潜在的な顧客であり、その中で性別や年齢層などによりターゲットの絞り込みを行い、コミュニケーションの効果や効率を高めていくことになります。

マーケティング・コミュニケーションに関連のあるPR戦略

1. レピュテーション・マネジメント

企業に対する品格・評判(レピュテーション)を管理する活動で、企業や組織が中央集権的に高いレベルで行うことが望ましいです。企業品格は、企業や製品のイメージだけでなく、企業収益、株主への配当額、企業の社会的責任(CSR)のかかわりや将来性など、様々なファクターが関係しあって構築されます。

2. ブランド・マネジメント

自社のブランドを管理する活動で、市場でのポジショニングやその情報収集と分析、また競合との競争の中でどのように顧客と独自の関係性を築くか、顧客に対して自社のブランド戦略をいかに伝えていくか、いかに市場でブランド・アイデンティティを確立し、優位性を確保するかといったことを統合的に管理します。