ニュース

2018年7月の当社社員による外部講演、登壇情報

2018年7月の当社社員による外部講演、登壇情報をお知らせします。 当社社員への講演、登壇等のご相談は info@inoue-pr.com までお願いいたします。 井之上 喬 会長兼CEO 7月8日(日)「第4回全国大会 AI(人工知能)時代に向けたグローバルビジネスのあり方」 Web: http://s-gb.net/ 主催: 一般社団法人グローバルビジネス学会 内容: ...(続きを読む)

鈴木社長が日本パブリックリレーションズ協会の理事に就任

5月31日に開催された公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会の第7回通常総会で代表取締役社長兼COOの鈴木孝徳が新理事に選任されました。 理事就任に際し、鈴木は協会ニュース7月号で次のように抱負を述べています。 「パブリック・リレーションズ(PR)は、『倫理観』に支えられた、『双方向コミュニケーション』と『自己修正機能』をベースにした、マルチステークホルダーとのリレーションシップ・マ...(続きを読む)

平成30年7月豪雨 お見舞い

このたび西日本を中心とする記録的な豪雨で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。 1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。...(続きを読む)

インターンシップ情報

井之上パブリックリレーションズでは、このたび、PR業界に高い関心を持つ学生の方に向けた、夏のインターンシッププログラムを実施します。インターンシップ後、優秀な方には、長期の有償インターンヘの登録を案内することがあります。 詳細はこちらへ インターンシップ情報...(続きを読む)

当社井之上喬会長が『月刊経済広報』と情報処理学会誌に寄稿

一般財団法人経済広報センターが発行する『月刊経済広報』(6月号)に「ハイパー化するグローバリゼーションの中で企業はいかに生き抜くか」をテーマに寄稿。また、一般社団法人情報処理学会の『情報処理』(7月号)では巻頭コラムを飾りました。 インターネットの地球規模での急速な普及とともにFace book、ツイッター、インスタグラムなどのSNSの登場はフェイク情報を抱合したネット社会を...(続きを読む)

当社井之上喬会長が伊・ベネチアでの国際シンポジウムにて講演

3月1日、2日の両日にわたり、アルカンターラ社とベネチア国際大学(VIU)の共催により「変化への対応:地球温暖化と脱炭素社会」(Coping with Change: Global Warming and Decarbonization)をテーマに開催された国際シンポジウムに参加し、講演をおこないました。当シンポジウムへの参加は2015年以来2度目となります。 会場は、イタリア・ベネチア...(続きを読む)

当社井之上喬会長の著書『パブリックリレーションズ』の英語版”Public Relations in Hyper-Globalization:”が3月12日付で英・ロンドンのRoutledge(ラウトレッジ)より発刊。

ラウトレッジは1851年設立され人文科学・社会科学分野の学術書、ジャーナル、オンライン文献を扱う英国の大手出版社。 同著の発刊にあたり、日産自動車カルロス・ゴーン会長からは「井之上教授の著書は、経営幹部がコミュニケーションを高め、より良いストーリーを披露し、ビジネスの成長と変革を促すための実践的なアドバイスと実例を提供している」とコメントを寄せています。 また、パブリッ...(続きを読む)

当社鈴木孝徳社長が日本PR協会の「PRプランナー資格制度創設 10周年記念 特別シンポジウム」でモデレーターとして登壇

2018年3月1日、東京・一ツ橋の如水会館において日本パブリックリレーションズ協会主催で「社会をつなげる、未来を動かす ~A Future Vision of Public Relations」をテーマにPRプランナー資格制度創設10周年記念特別シンポジウムが開催されました。 はじめに、アサヒグループホールディングス株式会社会長・CEOの泉谷直木氏が登壇され、ご自身の広報部門経験を踏まえ...(続きを読む)

当社塚田祐之顧問の著書、岩波ジュニア新書『その情報、本当ですか? ~ネット時代のニュースの読み解き方』が岩波書店より刊行

  アメリカのトランプ大統領の登場とともに、「フェイク(偽)ニュース」の問題に関心が集まり、“事実は二の次”といった風潮も世界中に広がっています。 いま、インターネット上では、「フェイク(偽)ニュース」はもとより、「うそ」と「本当」が入り混じった膨大なニュースや情報が流れています。 あふれる情報の中から、誤った情報に惑わされずに、「本当の事実」をどう読み取る...(続きを読む)

当社井之上喬会長の著書『パブリックリレーションズ』(日本評論社:第2版)の 中国語版が北京の東方出版社より刊行(本年1月)

東方出版社は、人民出版グループの中で主として外国作品を扱う事業部門。人民出版社は、毛沢東、周恩来、鄧小平、江沢民など、歴代中国の指導者の思想書をはじめ、政府の法律関係書などを発行する出版社として知られている。 筆者の井之上会長は.「パブリック・リレーションズは民主主義と自由競争原理の働く社会でこそ、その真価を発揮する。中国社会でこの本がどのような評価を受けるか興味深い」と述べている。 ...(続きを読む)
1 / 41234