ニュース

当社会長の井之上喬共著による「グローバルPRハンドブック」第3版が、全米コミュニケーション学会のPRIDE賞を受賞

全米コミュニケーション学会はこのほど、PR分野で重要な成果を挙げた取り組みに授与する今年度のPRIDE賞(PRIDE and Top Paper Awards)において、書籍「グローバルPRハンドブック」(英文名:The Global Public Relations Handbook: Theory, Research, and Practice)第3版を「PRIDE Awards – Outs...(続きを読む)

早稲田大学大学院経営管理研究科(WBS)に「パブリック・リレーションズの理論と実践」が開講

今年創立50周年を迎える井之上パブリックリレーションズは、2020年11月28日より、早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネススクール、WBS)との提携講座にて、「パブリック・リレーションズの理論と実践」(以下、本講座 という)を開講しています。 本講座は、WBSの川上智子教授が担当し、井之上パブリックリレーションズの執行役員である横田和明がコーディネーターを務め、同社創業者である...(続きを読む)

「新型コロナウイルスに関する危機管理広報初動マニュアル」無償提供活動が、「PRアワードグランプリ2020」において最高賞のグランプリを受賞

総合的なPRコンサルティングサービスを提供する株式会社井之上パブリックリレーションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼COO:鈴木 孝徳、以下 井之上PR)は、公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(以下、日本PR協会)が主催する「PRアワードグランプリ2020」( https://prsj.or.jp/pr-award/ )において、井之上PRの『「新型コロナウイルスに関する危機管理広...(続きを読む)

当社会長の井之上が『財界』の座談会に登壇。水素エンジン実用化の推進へ一歩

雑誌『財界』の2020年12月9日号で、内燃機関(エンジン)の水素化を推進するために、当社で主催する「水素研究会」から昨年11月に産声をあげた「i Labo株式会社」の岩﨑哲夫取締役会長、山根公高代表取締役、ならびにファウンディングメンバーである当社会長の井之上喬による座談会記事が掲載されました。 「i Labo」は脱炭素社会に向けた次世代エネルギーの最有力候補である水素を、すでに実用化され...(続きを読む)

当社会長の井之上が日本パブリックリレーションズ協会の「功労賞」を受賞

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(以下PRSJ)は、11月13日夕に設立40周年記念フォーラムをオンラインで開催。その席でPRSJの活動に貢献した関係者を表彰する「功労賞」が発表され、当社代表取締役会⻑兼CEOの井之上喬が同賞を受賞しました。 同賞および受賞者は設立40周年記念事業の一環としてPRSJ理事会が決定したもので、PRSJ内の作業部会であるPR業部会、企業部会、関西部会...(続きを読む)